Manual

マニュアル

過去の販売に返品・返金が行われた際の処理

TwitterFacebookLine

Spesの販売登録については、販売データの登録以降、

・入金処理 >入金された情報の登録(売掛債権の管理)

・出庫処理 >発送、納品に関する情報の登録

・注文完了 >本販売データの完成処理

といった流れとなります。

 

しかし一旦注文完了後に返品・返金が行われるケースがあった場合、以下の通りデータの登録を行うことで返金伝票の作成を行うことができます。

 

①販売履歴を開くと注文状態が未完成のものについては表示がされません。絞り込み項目より、「注文状態:未完成」の横にある×ボタンを押してください。

 

②そうすることで注文完成した当該販売データが表示されますので、こちらに表示されている注文番号をコピーしてください。

 

③その後、サイドメニューから「返金登録」をお選びいただき、「返金対象注文」欄にご入力いただくと該当の販売データが表示されます。ここに実際の返品数や返金金額をご入力いただき、確認ボタンを押してください。

 

④注文の詳細についてもご確認いただけます。

 

⑤返金登録した販売データについては、サイドメニューの返金履歴に記録されます。これらの返金履歴については、帳票から出力することができ、そちらを元に会計処理をすることが可能です。

 

TwitterFacebookLine