News

新着情報

22年5月~9月のアップデート情報

TwitterFacebookLine

マスター情報を登録する際に、都道府県情報についてCSVにIDを入れずにアップロードできるようになりました

各都道府県に対応したID番号を設定していかなければならない設計になっておりましたが、都道府県名が正しい文字列になっていた場合に限り、IDを設定しなくてもアップロードができるようになりました。


CSVアップロード時にエラーが起きた場合、どの行にどのような間違いがあったのかを表示できるようになりました

CSVアップロードは少しでも間違いがあるとエラーではじかれてしまうので、このように修正すべき箇所が分かるのは地味に助かる。という改修です!



チュートリアルを実装しました。

初期設定などのチュートリアルを実装しました。始めてのログイン時に表示されますが、次回以降も右上のメニューから呼び出すことができますので「あれ、まずは何をしたらいいんだ!?」という時にご覧になってください。



登録済みのデータから、顧客名と仕入先名を文字検索して絞り込んだり複数選択できるようになりました。

これで過去の登録情報からお客様ごと/仕入先ごとに絞り込んで確認をするのが非常に楽になりました!
対応している箇所としては、
・発注履歴
・販売履歴
・帳票(各種)
になります。

なお、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、Spesは「一文字」入れるだけで該当名を絞り込んで表示してくれるというむちゃくちゃ直感的な仕様になってますよ!



発注/販売履歴の一括キャンセル機能が実装されました

間違えて発注や販売登録をしてしまった場合に、今までは1件1件はキャンセル処理もできましたが、この度チェックボックスで選択したものを一括キャンセル処理ができるようになりました!


マスター画面のソートができるようになりました

今まで順番を変えられなかったマスター情報の一覧ですが、項目部分をクリックしていただくだけで並び替えができるようになりました。また商品マスターでは商品名で検索ができるようになりました(今まではページ内検索などを使っていただいていました…)


顧客マスター/仕入先マスターの一覧をフィルタリングできるようになりました

増えてきたマスター情報も今回のフィルタリングの機能で、簡単に呼び出しできて修正したりすることができるようになりました!

その他、

・帳票の調整
・その他軽微なバグ修正

を実施しております。


今後もさらにユーザーの皆様が使いやすいソフトを目指して、改修をして参ります。

国内取引だけでも。海外との取引にも。企業の受発注、入出庫、在庫管理を行える「完全無料オールインワン型クラウドソフト Spes(スペース)」を今後とも宜しくお願いいたします。
TwitterFacebookLine